年利で1%以上の配当金支払いのサントリー食品の株

大手の飲料メーカーのサントリーでは、清涼飲料部門の子会社であるサントリー食品インターナショナルだけが証券市場に上場をしています。サントリー食品インターナショナルでは、海外での清涼飲料の販売を伸ばすために株式公開を果たしました。なお、サントリー食品インターナショナルの上場後の業績は、着実に増収増益を続けている状況があります。そのため、食品株の中でもサントリー食品インターナショナルの株式は、保有する魅力が高い銘柄と言えます。サントリー食品インターナショナルの株式を保有すると、年に2回の配当金の支払いを受けることが可能になってきます。現在の配当金の支払いは、年率で1%を超える高い利回りを受けることができます。そのため、株式を保有しているだけで銀行預金などの金利よりも高い利回りを得ることが可能です。現在、銀行預金などでは年利で1%を超える金融商品は存在しない状況があります。しかし、サントリー食品インターナショナルの株式を購入すれば、年利1%以上の配当金の支払いを確保することが簡単にできます。100株単位の購入金額は50万円を少し超える程度となっているため、購入のためのハードルはそれ程は高くないです。また、サントリー食品インターナショナルの業績は非常に安定していることから、配当が減配されるリスクも少ない特徴があります。したがって、今後も年利1%を超える配当金が継続的に受けられる可能性が高くなっています。今後は東南アジアを中心にして、海外での清涼飲料の販売が伸びていけば今よりも配当が増額されることも期待できると思います。また、国内においてはコーヒーやお茶などの主力ブランドに注力をすることで、安定的に業績を伸ばしていくことができると考えます。