住民票写しを証券会社へNISA口座を開き日本電産株

少額投資優遇制度であるNISAでは、証券会社に住民票の写しと必要書類を送ることで専用口座を開設することができます。NISAの専用口座は一人一口座しか持てないため、住民票の写しを各税務署がチェックすることで一口座だけ開設できるようにしています。なお、この住民票の写しは市役所などで取り寄せることになりますが、最近では証券会社が取得代行してくれるところも出ています。NISAの専用口座を開設した後は、どの銘柄を購入すべきかを考えることになってきます。NISAにおいては、長期で保有した方が非課税のメリットは大きくなるのが特徴でとしてあります。したがって、長期で企業が成長していくであろうところを選択することが重要です。そのような長期で成長する株としては、日本電産が挙げられます。日本電産は小型精密モーターのメーカーとして、確たる地位を築いてきた歴史があります。近年において日本電産は、小型に限らずに中型や大型のモーターの生産にも力を入れるようになっています。とくに車載用のモーターは今後も業績が拡大していく可能性の高い分野です。このように日本電産では新たな分野への進出を強化していることから、長期的に企業成長をしていくことが期待できます。したがって、NISA口座で保有するには、日本電産株は有力な候補になると考えます。以前の日本電産株はパソコンなどのハードディスク用モーターが主力産業だったために、景気の影響を大きく受ける面が出ていました。しかし、近年では景気の影響が少ない車載用モーターが増えてきたことで、株価は安定しやすい状況が生まれています。さらに今後の日本電産では新たにロボットで使われる減速装置やIoTの分野にも進出をしていく予定があるため、長期で成長をしていく企業の一つであると考えます。