株取引の見所とは

株の見所は資産がうまくいけば倍以上になっていくところです。投資はギャンブルと違ってすぐに大きくふえるということはありません。がギャンブルと違って外れてもその掛け金がすべてなくなるのというわけではなく、株の場合には倒産という事態が生じない限りその購入した金額が株価の下落によって目減りにしていうことがあっても即ゼロになることが少ないです。また株では信用取引といってレバレッジを3倍かけて手持ちの資金を有効に使用して購入できるのでうまく上昇すれば30%の上昇でも一気に資産が倍になります。但し信用取引は思った以上の下落をした場合にはつまり30%の下落で投資した金額を失いますので注意が必要です。ですので安全な投資として現物でもったほうがいいです。現物であればその倒産でもしない限りゼロにはならず、また所有しておれば企業によって配当金が毎年2回もらえるので貯金して利息をもらうよりも有利なこともあります。そして優良株というものであればその配当金の利回りもいいので長くもっていると配当金だけでも相当なものになります。しかし資産を倍にしていくことが最大の見所であるといえますので長期保有でその価格の上昇を待つのがいいです。近年でも1年で100倍以上になったものもあり、経済好調のこの機であれば2から3倍になっているものもざらにあります。自分の知っている業界の株でその企業業績も好調で今後にトレンドになりそうなものを扱っているなら現物取引で株を取得するのもいいです。それを長期スタンスで毎日の価格の変動を2から3年以上もっていると倍以上になっていることもよくあるのでこうした大きく増えるというところが株の醍醐味で見所でもあります。